スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『中国ゴールドラッシュを狙え』 財部誠一著 

『中国ゴールドラッシュを狙え』 財部誠一著

最近、twitterで知って読んでみましたが、非常に良かったです。

ここ最近の中国の様子を、非常に客観的にレポート。楽観すぎるわけでもなく、ネガティブでもなく、度重なる取材の結果に基づいて、非常にリアリティのあるレポートと考察がなされています。題名で損している感じです。

著書がまえがきで書いていること、そのまんまの良書でした。

~まえがきから抜粋~
本書は、中国を称える本ではない。
しかし、中国を貶める本でもない。
『中国ゴールドラッシュを狙え』という本書のタイトルは、「ひとつ中国でひと儲け」といった山っ気を誘う印象を与えるかもしれないが、そうした類の本でもない。
情報を排除し、いかなるイデオロギーにも与せず、世界における等身大の中国を描くことを目指した本である。
~ここまで抜粋~

日本では、ことあるたびに「中国崩壊論」が叫ばれるが、崩壊論を口にする、信じている人は、おそらく自分の目で中国を見たことがない人たちだろうということが書かれていましたが、確かにその通りな気がします。

身の回りにも、いまだに、中国共産党の動向次第で、中国株なんて、いつ紙くずになるか分からないでしょ、、なんて言ってる人もいますからね。

私も、約3年前に上海を十数年ぶりに訪れ、その様変わりように衝撃を受けたのを覚えています。

完全なる共産主義国家だった、当時の姿、面影はまったくなく、日本よりよっぽど資本主義国だと感じて帰国。中国が発展しているのは当然知っていて、中国株にも投資を始めていましたが、まさに見るのと聞くのでは大違いな感じで、これのどこが共産主義なんだよ、、と感じて帰ってきました。

この訪中が日本株をすべて中国株に乗り換えるきっかけとなりました。

話しがそれてしまいましたが、本書では、中国でビジネスが成功した日本企業の例として、成都イトーヨーカ堂やコマツ、資生堂などが載っていました。それ以外にも、虹橋交通センターや、銀聯カードなど興味深い話しがたくさん盛りこまれていました。

銀聯カード、確かに言われてみれば当たり前ですが、人民元からの外貨両替の制限を取り払う裏技みたいなもんなんですね。銀聯カードで日本の不動産が買える日が来るかも・・なんて記述もあり、自由化されなくとも・・、本当にしたたかだなと感じました。

2010年2月発行なので、まだまだ旬に読めると思います。


スポンサーサイト

『タオバオの正体』 

『中国巨大ECサイト タオバオの正体』 山本 達郎著 を読みました。

タイトルだけで買ってしまったのですが、淘宝(タオバオ)の企業自身を詳細に分析した本ではなく、どちらかというと淘宝に出店して成功した企業や個人の事例紹介にページがさかれており、中国株投資という面では、それほど面白みのない本でした。

本書に載ってる程度のタオバオの歴史、成り立ちくらいは、普通に知ってる内容ですし、ちょっと期待外れ。

ちなみに、成功企業の例として名を連ねていたのは、日本のユニクロと、レノボ、KAPPA、フェリシモといったところです。

淘宝がどういう形で上場してくるのかが、気になるところですね。



『中国人に売る時代!』 徐向東著 

『中国人に売る時代!』 徐向東著 を読みました。

帯に、「爆発する中国の内需を掴め!」とある通り、13億人の巨大市場に、日本企業がどう乗り込んでいけばいいのか?という視点で書かれたマーケティング系の指南本です。

中国においての現地企業、外資企業の成功事例が多々、紹介されているので、中国株投資にあたって、国内事情を把握するにはうってつけの本で、なかなか面白かったです。

参考までに、こんな企業が登場します。

(中国企業)
  BYD、小肥羊、吉利汽車、蒙牛乳業、中国移動、テンセント、ワトソンズ、CTRIP、国美電器、アリババ

(外資)
  ダノン、シーメンス、コカコーラ、カルフール、VICHY、ZARA、H&M、DHC、サムスン、ダイキン

現状の中国の消費動向や、どういうサービスが受けるのか? が事例とともに詳細に書かれていて、大変参考になりました。


別冊宝島ムック本の続き 

別冊宝島ムック本 『中国・日本のお金持ちに学ぶ! 儲かる中国株』 の続きです。

肝心の袋とじ銘柄は、本編に登場した投資家さん達が、それぞれいくつかの銘柄を紹介しているのですが、ほとんどがお馴染みの銘柄ばかりで、奇をてらったような中小型株は、ほとんどありませんでした。

やっぱり、内需系銘柄が多く、その中でも、食品株の「康師傅」が一番人気でした。

康師傅は、直近、かなりあがっており(最近、やっと調整してきましたが)、ちょっとここから買うのは躊躇しますが、やはり数年単位での上昇を考えると、こういうブランド構築済みの大型株でも十分なのかもしれませんね。

思えば、ITバブルの際も、

・マイクロソフト(OS、ソフトウェア)
・シスコ(ルータ、通信機器)
・デル(PC)

といったシェア圧倒的No.1 の企業が、株でも主役の御三家として大きく上昇しましたので、時価総額の小さい成長株を探すよりも、シェアNo.1の圧倒的ブランドを持っている企業を、じっくり保有でいいのかもしれません。

自分の持ち株の中だと、蒙牛乳業とか中国海外発展といったところ。

でも、ルオシンとか銘源みたいなところに、どうしても魅力を感じてしまうんですよね~。

にほんブログ村 株ブログ 中国株へ


中国株ムック本に想う 

袋とじ銘柄見たさに、別冊宝島のムック本 『中国・日本のお金持ちに学ぶ! 儲かる中国株』 を買いましたが、ブロガーの馬明さんが登場していたのを見て、いつぞやの日本の新興市場バブルのことを思い出してしまいました。。。

あの頃は、SPA! や、Zai で頻繁に個人投資家特集が組まれていただけでなく、普通の個人投資家がばんばん本を出版していましたから、今思えば、ほんとに異常(=天井)だったのだと思います。。

中国株もそうなってきたら要注意でしょう。

それにしても、新興市場バブルに打ちのめされた後、日本株にこだわっていたら・・と想うとゾッとします。

このように細々とでも、ブログを更新し続けていられるのは、中国株のおかげ。

普通の平凡な個人投資家が儲けるには、GDPが成長している国の株に中長期投資して、経済成長のおこぼれにあずかるのが一番です。もちろん、バブルにのっかって、確実に降りれれば、その方が投資効率は高いですけどね。。


戸松さんの新刊 『「世界金融危機後」に狙う中国株』  

戸松さんの新刊が出たということで、早速買ってきました。

『「世界金融危機後」に狙う中国株』 戸松信博著

『10万円から本気で増やす中国株』 以来、7年ぶりとのこと。

内容は、今後の中国株の見通しと、個別銘柄の紹介。

15銘柄は、中国株通信のレポートを纏めた感じの内容で、1銘柄あたり数ページに渡って紹介。残りの35銘柄については、1ページ1銘柄で簡単に紹介されていました。「中国経済とともに発展を約束された15銘柄」 として紹介されていたのは、以下の15銘柄(掲載順)。

ペトロチャイナ
チャイナモバイル
中国人寿保険
中国工商銀行
万科企業
紫金鉱業
テンセント
中国南車
羅欣薬業
アリババ
東風汽車
江西銅業
山東墨龍
天能動力
銘源医療

これから、5-10年以内に中国株最大バブルが来るというストーリーの説明で、中国株通信の購読者にとっては、銘柄紹介含めて、あまり目新しい内容はなかったかなという感じ。

不動産の引き締め観測で、最近、不動産株は調整中ですが、不動産価格の前年同月比はプラスに転じ、銀行の融資も猛烈な勢いで伸びており、世界一の自動車販売数継続など、消費衰えの気配なし。

最近、あまり聞くことがなくなった「デカップリング」が、いよいよやってくるんでしょうか・・?

「世界金融危機後」に狙う中国株
戸松信博
角川SSコミュニケーションズ

中国旺旺 

昨年、上海に出張に行った際、スーパーで現地調査を行ったときにたくさん目にしたこのマーク。

wanwan

日本に帰ってきてから、00151 中国旺旺 であることを知ったのですが、年末年始に中国株二季報で銘柄探しをしているなかで、意外と利益率が高い会社であることがわかり、内需消費関連株として購入検討中です。

いろいろ調べている中で、こんな本を見つけてしまいました。

『日本のものづくりが中国を制す―旺旺集団と岩塚製菓が挑む「世界品質」への道』

早速購入して読んでみました。

岩塚製菓と資本・業務提携していることは二季報にも記載されていましたが、創業の頃からの深い関係だったんですね。お菓子関係では、幅広いラインアップを取り揃えているのはスーパーでも確認できましたが、そもそもは岩塚製菓との提携に始まったせんべいなどの米菓が主力で、品質にも自信あり、香港より先に、シンガポールに上場していたそうです。台湾から大陸に初めて進出した際の経緯や苦労話しなども載っており、非常に興味深かったです。

中国企業のことについて詳しくふれた書籍は、まだまだ数が少ないので、そういった意味でも一読の価値ありかもしれません。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。