スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバルリンクアドバイザーズ主催 中国株・ベトナム株セミナー参加 

昨日は、グローバルリンクアドバイザーズ主催(スピーカーは戸松さん)の中国株・ベトナム株セミナーに参加してきました。

最近、下げ傾向になってきたのもあって、久しぶりのセミナー参加です。一応、有料でしたが、中国株通信の読者は無料。

何年か前に参加したときはすごい熱気だったのを覚えていますが、今回は、参加者50人程度で閑散としていました。バブルにはほど遠い感じ。参加者が少なかったのもあって、休憩時間に質問を集め、すべての質問に対して、戸松さんが熱く回答してくれました。14:00-16:10の予定が、17:00くらいまで時間オーバー。

今回は、全体の相場観と、中国・ベトナムの現地視察の報告ということで、中国は山東省の5社(青島ビール、海爾電器、安徳利果汁、山東墨龍、新華製薬)、ベトナムは不動産系3社が取り上げられました。ルオシンファーマと山東威高にも訪問したそうですが、そちらのレポートは、有料配信で・・と、おあずけを食わされました。

全体の相場観のところだけ、簡単にメモしておきます。

・今の下落は、ごく普通の調整なので、まだ下がるだろうけど、そんなに心配しなくてよい

・今回は、2004年の下落パターンと同じだと考えている
   - 2003年にH株指数、約2.5倍
   - 金融引き締めで、翌年、200MAの -15%乖離まで調整

   - 2009年にH株指数、約2.5倍
   - 金融引き締め開始、2004年度と同程度の10000ポイント位まで調整?

・世界的な過剰流動性は続く

・ここ数年で儲けるなら、内需関連(保険、不動産、製薬、食品、小売、、なんでも)
 ある分野でのトップブランド企業が、無難で堅い(かつての、MCD、KOなどのイメージ)

・シナリオが崩れて、大暴落モードになる懸念は、米国ボルカールールの動向とユーロ問題。

・ベトナムは、相場のサイクルが他とはちょっと違って、3ヶ月から半年先行している。利上げも昨年開始されたので、調整はほぼ完了。アメリカに引きづられる懸念は残っている。

私も持っている、「ベトナム株ノーロードファンド1・2の残り2年での見通しは・・?」という質問も出ていました。ベトナムドンベースでは、2はプラ転してきたので、為替差損を埋めるだけの上昇を期待したいです。戸松さんの鼻息は相当荒かったですが、どういう結果になるでしょうか・・。

にほんブログ村 株ブログ 中国株へにほんブログ村 株ブログ 外国株へ
スポンサーサイト

戸松さんオンラインセミナー 

戸松さんのオンラインセミナー『今こそ好機の中国株 ~この数年間が勝負の時~』が動画配信されていたので、ながら見しました。

「2015年の最大バブルに向けて、今の時期にコツコツ買いためよう。8月に下がるチャンスがあったら買い」という、米国・中国の経済指標中心のマクロ的な内容で、個別銘柄の話しは、あまりありませんでしたが、最後に、投資対象となる「内需」、「インフラ」、「資源」の3つのセクターについて、それぞれ、大型株、成長株、小型株に分けて、9つのセグメントで銘柄紹介していたので、備忘として記録しておきます。

○内需×大型株
 中国工商銀行
 中国人寿保険
 中国移動

○内需×成長株
 万科企業
 カンシーフ
 テンセント
 東風汽車
 アリババ

○内需×小型株
 山東羅欣
 銘源医療
 天能動力

○インフラ×大型株
 中国中鉄
 中国鉄建
 中国交通建設

○インフラ×成長株
 中国南車
 海螺水泥
 浙江高速

○インフラ×小型株
 赤湾港航
 東江環保
 南車時代電気

○資源×大型株
 ペトロチャイナ
 海洋石油

○資源×成長株
 紫金鉱業
 江西銅業
 中国アルミ

○資源×小型株
 山東墨龍
 天台石油

マイポートフォリオはほとんどが内需株!

にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ひまわり証券主催 陳満咲杜さん CFDセミナー 

以前、応募したものの、土曜の午前中で起きられなかった、ひまわり証券主催の陳満咲杜さんのCFDセミナーが動画で公開されていた(83分50分)ので、早速拝聴しました。

・ITでグローバル化し、情報が一瞬で世界を駆け巡るような時代では、バフェット流の長期投資、分散投資は通用しない

・投資より投機。投機と分かった上で、投機せよ。

といったあたりに結構時間をさいて説明されていました。

テクニカルについては、『しっかり儲ける CFDトレード入門』でも紹介されていた、

・1-2-3の法則
・提灯消し&トレンドフォロー
・インサイドデイでねらうブレイクアウト

の3つの手法と、

・RSIのリバーサル・シグナルを活用せよ

を解説されていました。

そんなに目新しい話しはなかったですが、やっぱり本(目)ではなく、動画や音声(耳)から入ってくるほうが分かりやすいですね。あっという間の80分でした。

しっかり儲ける CFDトレード入門
陳 満咲杜
日本実業出版社

ジム・ロジャーズ講演会参加 

昨日は、帝国ホテルで行われたイニシア・スター証券主催のジム・ロジャーズ講演会に参加してきました。関係者の計らいで、前列3席目の間近で生ジムを見ることができました!

講演会は、11:30~15:00まで、途中商品説明の時間もありましたが、1部のジムの独演、2部、3部では長いQ&Aと、たっぷりと伝説の投資家の話しを聴くことができました。

ただ、話しの内容は、

・コモディティへの強気の姿勢
・USドルの凋落
・中国の台頭

など、いままで、セミナーや雑誌、Webなどのインタビュー記事で聞いていた内容がほとんどで、あまり目新しい内容がなく残念でした。

サブプライム問題による金融危機のさなか、質問も当然、それに関連した内容も多かったのですが、あまり期待していたような回答は聞けませんでした。

良い方に受け取ると、ジムの考えている時間軸は相当長く、私のような一般個人投資家と違って、非常にどっしりと構えていて、考え方が全然ぶれていない。別の方向からみると、もう前線からは退いているのかなという印象を受けました。

話しの内容で一番のサプライズは、二人目の女の子を産んだということ!

また、壇上で、何杯もコーラを飲みほしていたのが印象的でした。

伝説の投資家に生でお会いする機会など、そうそうないので、セミナー終了後に、しっかりサインをいただいてきました!(^^)v

jimsign
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。