スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陳満咲杜さんセミナー参加 

今日は、グローバルリンクアドバイザーズ主催の陳満咲杜さんのセミナーに参加してきました。

陳さんのセミナーは、昨年、受講して衝撃を受けた、「FX 為替の真実」出版セミナー以来。

GLA主催ということで、戸松さんとの対談もプログラムに入っていて楽しみにしていたのですが、陳さん講演部分が大幅に時間を超過し、戸松さんのお話しはほとんど聞けなかったのが残念でした。

その反面、陳さんのお話しは質疑応答含めて堪能し、満足しました。

一応、有料セミナーだったので、あまり詳しくは書けませんが、陳氏のブログ等にも記載されている通り、しばらくはドル安が続くだろうとの見方。夏ごろまで、今のドル安トレンドが続き、その後リバウンド、さらに2011年頃まで下落が続くとの見方を、ターゲットの数字も含めて示されました。

こんなに早く、ユロドル1.4、ポンドル1.6 のレベルに到達するのは想定外だったらしいですが。

あと、FXのセミナーではなかなか聞くことができない、人民元&中国に関する見通しのお話しも、中国株投資をしている人間にとっては大変興味深かったです!

↓陳氏 『FXトレンドの真実』 配信中
fxmagazine
スポンサーサイト

ドクター田平(田平雅哉氏) エンジュクセミナー参加 

今日は、エンジュク主催の『ドクター田平のナイトセミナー!FX取引の基本と売買実践法』に参加してきました。

田平雅哉氏のお話しを生で、かつ無料で聞ける機会はそうそうないので、貴重な時間を過ごすことができました。ご本人も、「セミナーはあまりやりたくないので、極力断っている」とのことでしたが、お話しはうまく、ぐいぐいひきこまれて、あっという間に1時間20分が終わってしまった感じです。

こういう相場環境の中なので、非常に有益なお話しを聞くことができました。

気になった点を、備忘を兼ねてメモしておきます。

◆今は、スワップ投資を考える時期ではない
 (変動率が高く、利下げ基調でスワップが下がっており、期待率が低いから)

◆手法の相関、分散も大事
 →資産配分や通貨分散、時間分散だけでなく、「手法」も分散しろとは初めて耳にしたので、新鮮でした。一つの投資手法に固執するのは、当たればでかいが、ハイリスクハイリターンとのこと。

◆勝率を少しでも上げることを考えること
 →100%常勝の投資手法などないので、50%~55%勝てる方法を見つけられれば、後は損小利大で勝てる

◆大きく勝てるときに大きく勝つ方法を考えること

◆勝つか負けるかの分かれ目は資金管理
 →例えば、今の株式市場は、何十年に一回のチャンス。そういうときに資金を投入できるように、資金管理をしっかり行っておくこと。

◆今のような緊急時の相場では、テクニカルは通用しない。レバレッジを下げて対応する時期。

頑固な人は勝てない。言うことがころころ変わるような人のほうが勝ちやすい
 →これ、この前読んだ野村雅道さんの本にも書いてあったことですね。

やっぱり、長年にわたって成功している&こういう相場でもうまく乗り切っている方の話しは説得力がありますね。無料で話しを聞いておいてこんなことをいうのは虫が良すぎますが、もっと時間が長ければ良かったです!

池辺雪子氏セミナー 

昨日11/1(土)、トレイダーズ証券主催の池辺雪子氏の「あの4億円脱税主婦が教える FXの奥義」出版記念講演に参加してきました。これが何回目かのセミナー開催で、とうとう本まで出されるとのこと。

サブプライムの円高相場で、破産したという噂も一部でありましたが、どっこい生き残っていました。

081101池辺氏出版記念セミナ

キモノ姿で参加された池辺さん、初めて生で拝見しましたが、一見、普通のおばちゃんというか、おばぁちゃんという感じで、最初は「うわぁ、本当に素人のトレーダーさん」なんだなぁと思って、まだあまり慣れない話しっぷりに聞き入っていましたが、話しが終わる頃には、「この人すげぇ」と驚嘆し、家路に着きました。

レジュメにそった話しのときは、特段でもなかったのですが、質問コーナーでアドリブに入ると、思っていることが次々と言葉が出てきて、非常にエネルギッシュで、話しの内容が真実味にあふれていて、本当に精神力がすごい。

ホントに本物のトレーダーの方で、私らのような普通の素人が真似することは出来ない領域の人なんだなぁと感じました。

先物トレードで鍛えた、含み損、実現損にも動じないタフな精神力は、なかなか真似できそうにありません。

そして、成功している投資家(投機家)の方々は、やはり、みなさん、自分のルール/やり方を真っ当に実践されているんだなぁと感じました。

いくつか内容をメモっておくと、

・「勘に頼っていては生き残れない」、テクニカル指標のうち、どういうやり方で戦うかが重要
・今の相場の見方、エントリ/クローズのポイント、資金配分とポジション
・ロスカットはチャートで判断
・オリジナルチャートを毎日手書きでつけている
・長期のスワップポジション狙いと短期(スイング)の買い/売りを手がけていた
・重要視しているテクニカル指標は、RSIの13/42日線、フィボナッチ、値幅
・予想はせず、相場についていく。シグナルが出たら判断
・チャートの見方は日々、変わる
・レバはスワップ狙いでは2倍、短期では30倍くらい

オージー円は、55円で底を打ったのではないかとおっしゃっていました。自身が、FXを始めた頃の値段に戻ってきたので、なつかしくなって、買いを入れ始めたそうです。(ランド、トルコ、オージーあたりを買われた模様)

本当に、このセミナーは参加して良かったです。

こういうすごい人、やっぱりいるんですね。税金を払うためにちょうどサブプライムが直撃する前に、大きく利食いしており、強運の持ち主でもあるようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。