スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『陳満咲杜の為替の真実』 陳満咲杜著 

『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』 陳満咲杜著

★★★★★

今まで読んだFX本の中で、一番衝撃かつ感銘を受けた一冊です。

本屋で最初チラ見したときは、ブログのまとめ本みたいな感じだったので、陳満咲杜? だれ?という感じだったのですが(失礼!)、資金管理やテクニカルに的を絞り、FX相場の本質を徹底的に叩き込んでいく、今までのFX本にはなかった異質の展開、内容に惹きこまれていきました。

前書きでいきなり、「FXはF1レースのようなもの」と表現し、ゼロサムゲームの厳しいトレードの世界に、「スワップ運用での複利効果」を狙って気軽に参戦してくる輩の多い、「日本の非常識」に警笛をならしています。

FXの仕組みなど、入門書的な話しはまったくなく、200ページのほとんどが無駄のないところがスゴイです。

スワップ運用もいいが、それはあくまで含み益の発生している状態で成立すること、という記述もあり、FX相場で勝ち残っていくために必要な相場の本質に踏み込んだ、貴重な一冊です。

私も、短期のトレーダーというよりも投資の一環でFXをやっており、スワップ運用もやっていますが、スワップ運用の長期投資で資産形成を行っていくうえでも、知っておくべき内容ではないかと思います。

この本を見つけた頃、ちょうどイーストヒルジャパン主催の著書のセミナー「本物トレーダーの条件と作法」の抽選に当たり、運良く参加できました。やはり、本人の話しを実際に聞くと、本物かどうかある程度判断できますので、本当にタイミングが良かったです。

ご本人も今はアナリストという立場で、トレードで生計をたてているわけではありません(=トレードの本を書いているが、トレーダーとして成功している分けではない)が、そのこともつつみ隠さずお話しされており、信頼できる人柄の方だなぁと感じました。

セミナーでのお言葉で記憶に強く残っているのが、

「相場では成功の要因はさまざまだが、失敗の要因は共通している」
⇒ロスカットできないとか、自分の許容範囲のポジションを張る、相場についていかず、自分の考えに固執する、、など相場でまける原因はだいたい同じ。まず、勝つにはまず、それらを失くさないと。

「金融の世界は、プロと素人の差はない、参考にしちゃだめ。」
⇒エコノミストの相場の予想が当たった試しがない、サブプライムでプロも大損している、、と。これは確かにそうかもしれませんね。

氏のブログも非常に参考になります。⇒陳 満咲杜の「為替の真実」


スポンサーサイト

マネーパートナーズFX 口座開設だけで3000円キャッシュバック! 

マネーパートナーズ で、FX口座の開設だけで3,000円Getしました!

FX口座開設のキャンペーンって、通常、入金や取引が条件になるのが普通だと思うのですが、口座開設のみというのが太っ腹ですね。

10/20に口座開設し、今まで一度もログインせずにほっておいたのですが(^^;)、先ほど確認したところ、11/17 にしっかり3,000円がキャッシュバックされていました。

partnersfx.jpg

初回入金10万円で、さらに +2,000円バックされるのですが、今回は入金せず。

秋のキャンペーンは、12/31までのようです。
→新春口座開設キャンペーンは、2/27 まで継続のようです。



『田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック』 田平雅哉著 

『田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック 』 田平雅哉著

★★★★★

この本を初めて読んだのは、ライブドアショックによる暴落後の2006年3月。まだ、FXはやってなかった頃です。FX の本ではあるのですが、3分の1近くが「勝つための投資哲学」について述べられており、大きく負けたときに読んだので、非常に心にしみ込んだのを覚えています。

ただ、読んだことがなかなか実践できてはいないすけどね。。

FXに限らず株式投資、先物など、投資で勝つことができる人は、投資対象に関わらず、勝ちつづける可能性が高い。逆に負ける人は、負け続ける。その違いは、「勝つ確率が高い投資行動」を実践できているかどうか、確固たる投資哲学に裏打ちされた合理的な投資行動が行えているかどうか、だということで、耳がイタイです。。

合理的な投資行動については、本書の中でいくつかのポイントが述べられていますが、これらの投資哲学に基づいた行動を、「頭の中で理解しているだけでなく、本当に実践できているかどうかで相場の勝ち負けが分かれる。」

言ってしまえば、「ファンダメンタル分析やテクニカル分析などの投資技術は二の次で、いくら投資技術がしっかりしていても、投資哲学が確立していなければだめ」ということです。

さらに、「勝つ確率が高い投資行動」が実践できているかどうか検証する中で、「運と確率をきちんと分けて理解しておかなければならない」とも言われています。

『自分が勝てたのは運の要素が大きくて、本来の確率以上の勝利を上げたのだ。と冷静に判断できたならば、勝ち逃げすることもできたかもしれません。あるいは、稼いだお金の全額ではなく一部のみを再投資に回し、残りの利益を永遠に確定することもできたかもしれませんが、いまとなっては後の祭りです。』

というくだりは、ITバブルや円安バブルに乗っても、結局利益をとかしてしまう行動を、ずばり指摘されているようで。。。「売りのタイミングは買いよりも重要で難しい」というのに通じるところがあるかも。

1章 勝ち続ける投資家と負けて退場する投資家
2章 負けて退場する投資家にならないために
3章 「投資技術」ではなく「投資哲学」こそが大事
4章 「投資技術」とは何か?
5章 テクニカル分析(統計的分析)指標の意義と限界
6章 MACDとストーストキャスティクスによる売買手法のディテール
7章 チャートを併用して精度を高める
8章 仕掛けから手仕舞いまでの実践

タイトルにもあるFXスイングトレードテクニックについては、テクニカルのMACD、スローストキャスティクスの使い方が中心です。いまや、テクニカルの話しについては、他にも専門書がたくさん出ていると思うので、この田平本は、スイングトレードテクニックというよりも、1章から4章までの投資哲学の部分がオススメの良書だと思います。


USD/HKD また逆戻り 

上へ向けて発射したかに思われた、USD/HKDですが、また下限の7.75 に戻ってしまいました。

USDHKD_200811

香港のオーバーナイト金利は、下記ページでチェックしていますが、一時、0.3%を切っていたのに、また0.5%台に上昇してきていますね。おかげで、一時、プラスになりかけたスワップも、またマイナスに戻ってしまったようです。

http://www.hangseng.com/e_rate/hibor.asp
http://www.hkab.org.hk/asp/public/index.asp?lan=en

まだ辛抱の時期のようです。

FXの次はCFD? 

円高トレンドのせいでFXで儲けにくくなったせいか(?)、CFDという言葉を見る機会が最近増えてきたような気がします。

先週発売のSPA!(11/25号)でも、CFDが取り上げられていました。

CFDはFXと同様の証拠金取引で、投資対象が通貨ではなく、株価指数や個別銘柄、金や原油などのコモディティ指数など、かなり多岐に渡るのが特徴です。今のところ、ひまわり証券や CMC Markets Japan 位しか取り扱っていませんが、SBI証券やオリックス証券も今後参入予定だとか。

FXのように大きくレバレッジをかけられるといっても、為替に比べると、株価指数ましてや個別銘柄の値動きのほうが激しいので、よほど短期トレードに自信のある人じゃないと使いこなすのは至難の業のような気がします。

と思っていたら、SPA!の記事には三空氏が登場していて、「NYダウの引け際1時間しか勝負していない」とのこと。引け1時間前から、一方的なトレンドが生じることが多いので、トレンドが発生したら、それに乗るだけで、勝つ確率の高いトレードに絞って勝負しているとのことです。

確かに、朝起きてNYの動きをチェックすると、、「また下がってる!」、「なぜか分からんが、激騰げ!」と、最後の1、2時間で大きく動くことが多いので、朝、早く起きて、相場に張り付く気力のある人は有効な方法なのかもしれないです。

一般の個人投資家にとって、現在のような未曾有の金融危機で、相場がどう動くか分からない状況の中では、傷口を広げるだけのツールかもしれませんが、相場が落ち着いてきて、明確なトレンドが発生した状態など、勝負をかけるための手段としては有効かもしれません。

今のところは、頭にいれておく程度ということで。。

USD/HKD そろそろ? 

ドルペッグ通貨であるUSD/HKDは、1USD=7.75~7.85 HKDの間にレートが固定されているため、このような激動の金融危機のさなかでも、値動きが非常に緩慢で、ボラティリティがほとんどありません。

11月に入ってからは、レートが下限である 7.75近辺に張り付いた状態。

この状態で買っていれば、ドルペック解除のような非常事態が発生しない限り、為替変動で損することはありません。

ですが、スワップがマイナスなので、この状態が続けば日々種銭が減り、厳しい状況。

あとは、いつ買いをいれるかというタイミングだけですね。

昨年のチャートを見ると、10月下旬に 7.75 近傍に張り付き、11月から上昇、7.8オーバーまでいっています。

今年は如何に!?

アストマックスFXのマイナススワップの額がだんだん減ってきているので、そろそろかなぁ・・・と気になっているところです。

『野村式「ID為替」-プロが教えるFX短期トレード超投資法』 野村雅道著 

『野村式「ID為替」-プロが教えるFX短期トレード超投資法』 野村雅道著

★★☆☆☆

セントラル短資で口座を開設したときに、この方が監修の本をもらいました。

基本的には、レバレッジ2-3倍程度で長期でスワップ運用という趣旨の本でしたが、円キャリー相場が崩壊したいま、短期トレードに趣を変えた本を出してきたようです。

ですが、中身は可もなく不可もなくというか、テクニカルの入門的な話しや税金の考え方など、一般的な話しも多く、とりたてて、この本でなくてはダメ!という特徴はありませんでした。野村監督のID野球にちなんで、「ID為替」なんて言葉を使っているのも、まったくもって意味不明です・・・

唯一、なるほどなと思ったのが、短期トレードに向いているのは、「柔軟性のある人」、「もしくは節操のない人」だというくだり。

例えば、「下がる」と思ってショートに張ったとして、予想とは反対方向に動いてしまったとき、素直にロスカットしたり、ドテンできる柔軟なアタマが必要だということです。

変に深く考えて、「こんなはずでは・・」と思って損切りできないでいると、傷口が深くなる・・。

そういう、頭がいい人(と本書では言っている)は、トレーダーではなく、エコノミストもしくはストラテジストになったほうが良いとのことです。

なるほどなと妙に納得しました。

相場に勝つには、そういう発想の切り替えというか柔軟さが重要なんですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。