スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過剰流動性相場突入!? 

まったく調整の気配を見せない相場展開になってきましたね。

日本では、オリックスが支援しているはずだったジョイントコーポレーションの想定外の破綻にも関わらず、新興不動産は上昇し、ダヴィンチは戻り高値更新。今までだったら、セクターごと叩き売られていたのに・・・。

米国市場も、GM破綻にも関わらず、今のところ折り込み済みで大幅上昇と、どこもかしこも、大きくセンチメントが転換したようです。

世界各国、じゃぶじゃぶの低金利なので、金融相場が始まったら、手をつけられなくなりそう。

もうちょっと、ゆっくり、もしくは調整を経ながら騰がってほしいのですが、H株指数は今日も5%近くの上昇と、まったく休む気配を見せてくれません。。 じっくりと考えるタイミング、買うタイミングがない。。

去年秋の大暴落相場がウソのようですね。

景気のサイクルも、相場のサイクルも恐ろしく短くなっている気がします。

タイミングを見失わないようにと思いつつ、本当にまだまだ初動なんですかね・・?

雑誌にも、こんな見出しが躍るようになってきました。↓



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。