スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


戸松さんの新刊 『「世界金融危機後」に狙う中国株』  

戸松さんの新刊が出たということで、早速買ってきました。

『「世界金融危機後」に狙う中国株』 戸松信博著

『10万円から本気で増やす中国株』 以来、7年ぶりとのこと。

内容は、今後の中国株の見通しと、個別銘柄の紹介。

15銘柄は、中国株通信のレポートを纏めた感じの内容で、1銘柄あたり数ページに渡って紹介。残りの35銘柄については、1ページ1銘柄で簡単に紹介されていました。「中国経済とともに発展を約束された15銘柄」 として紹介されていたのは、以下の15銘柄(掲載順)。

ペトロチャイナ
チャイナモバイル
中国人寿保険
中国工商銀行
万科企業
紫金鉱業
テンセント
中国南車
羅欣薬業
アリババ
東風汽車
江西銅業
山東墨龍
天能動力
銘源医療

これから、5-10年以内に中国株最大バブルが来るというストーリーの説明で、中国株通信の購読者にとっては、銘柄紹介含めて、あまり目新しい内容はなかったかなという感じ。

不動産の引き締め観測で、最近、不動産株は調整中ですが、不動産価格の前年同月比はプラスに転じ、銀行の融資も猛烈な勢いで伸びており、世界一の自動車販売数継続など、消費衰えの気配なし。

最近、あまり聞くことがなくなった「デカップリング」が、いよいよやってくるんでしょうか・・?

「世界金融危機後」に狙う中国株
戸松信博
角川SSコミュニケーションズ



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://norizou2008.blog57.fc2.com/tb.php/101-0d9dcc91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。