スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『金融危機で失った資産を取り戻す方法』 中原圭介著 

『金融危機で失った資産を取り戻す方法』 中原圭介著 を読みました。

刺激的なタイトルで、次のバブル発生を予見している本ですが、木下さんの「巨大バブルがやって来る!」のような新興国バブルネタではなく、環境バブル発生を予見したストーリーになっています。

来月、COP15が開催されますが、早ければ、それをトリガーに、もしくはここ2-3年で、壮大な人為的な環境バブルが発生する可能性が高いと。

地球温暖化と明確な根拠もない二酸化炭素。

目にみえなく、明確な算出もできない量を根拠とした排出量取引などは、「環境」というきれいごとのような言葉にカモフラージュされて、新たな金儲けの道具にされつつある・・と。

バフェットのBYDへの投資もその一環・・?

参考銘柄として、日本株の銘柄があげられていますが、正直、最弱日本株にはあまり魅力を感じません。本当にバブルが来たら、のるだけですが。

中国株だと、BYD、天能動力、高速伝動あたりしか、ぱっと思いつきません。

排出権に関する本は、北村慶さんも出していた気がするので、もうちょっと調べてみようかな。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://norizou2008.blog57.fc2.com/tb.php/127-8b0c8453

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。