スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『中国人に売る時代!』 徐向東著 

『中国人に売る時代!』 徐向東著 を読みました。

帯に、「爆発する中国の内需を掴め!」とある通り、13億人の巨大市場に、日本企業がどう乗り込んでいけばいいのか?という視点で書かれたマーケティング系の指南本です。

中国においての現地企業、外資企業の成功事例が多々、紹介されているので、中国株投資にあたって、国内事情を把握するにはうってつけの本で、なかなか面白かったです。

参考までに、こんな企業が登場します。

(中国企業)
  BYD、小肥羊、吉利汽車、蒙牛乳業、中国移動、テンセント、ワトソンズ、CTRIP、国美電器、アリババ

(外資)
  ダノン、シーメンス、コカコーラ、カルフール、VICHY、ZARA、H&M、DHC、サムスン、ダイキン

現状の中国の消費動向や、どういうサービスが受けるのか? が事例とともに詳細に書かれていて、大変参考になりました。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://norizou2008.blog57.fc2.com/tb.php/145-fd201d55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。