スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自由が丘で焼小籠包@大山生煎店 

上海で食べた生煎(焼小籠包)を食べられるお店が自由が丘にオープンしたと雑誌に載っていたので、天気も良かったので、プレスポで、生煎を食べるためだけに自由が丘の大山生煎店まで行ってきました。

久しぶりに70km近く走ったので、帰りは、さすがに辛かったですが、行った甲斐はありました!

shengjian.jpg

こんな感じで、見た目だけでなく、味も、上海で(あーんど、北京のフードコートでも)食べた味、そのものでした。

お値段は、6個で600円ナリ。

上海の小楊生煎館では、4個で4.5元(昨年11月時点)だったので、現地価格からすると相当お高いですが、これ食べるためだけに上海まで行くわけにはいかないので、仕方ないです。

小楊生煎館は、いつも行列で、できたてあつあつのものを食べられましたが、今日は、そこまで混んでなかったのですが、1回目は運良く、ちょうど行った時にできあがったので、思わず、やけどするくらいの熱湯のスープが入ったできたてほやほやのものをいただくことができました。

そうそう来れるものじゃないので、、ということで、またできあがる頃合いを見計らって、2回目も6個いただきました。

生煎12個が、今日の昼めし。うまかったです。(^^)


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://norizou2008.blog57.fc2.com/tb.php/153-2642e960

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。