スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』 山谷 剛史著 

『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』 山谷 剛史著

★★★★★

中国株に直結する本ではないですが、なかなか面白かったです。

前書きで著者が、”この本は、ひと言でいえば、「インターネット世代の若い中国人の様々な行動分析」本であり、自分でいうのもおこがましいが、「世界一よくわかる中国IT事情入門書」”と本書を称しています。

中国でインターネットにアクセスするのはどんな人々で、どんなサイトをみて、どういう行動をとっているのかが詳しく書かれており、現地事情に疎い人にとっては、投資に際しても参考になるのではないかと思います。

ADR銘柄ではおなじみの、

百度(BAIDU)
新浪(SINA)
捜狐(SOHU)
網易(NETEASE)

などが登場し、画面のキャプチャや現地のPC SHOPやネットカフェなどの様子も写真を多く取り混ぜて紹介されており、現地のIT事情が非常に分かりやすく書かれています。

私にとって大きな収穫だったのは、

「メールは使わず、そもそもアドレスを持っていない人が多く、友人とはチャットで交信」
「新しい友人ができたときに、日本ではメールアドレスを交換するが、中国ではQQの番号を交換する」

といったくだり。

日本の感覚では、なんでテンセント(騰訊)なのか? というのが今まで納得できなかったのですが、そもそもPCを使ったコミュニケーションの手段自体が日本とはまったく異なっているんだということが認識できました(知っている人には今さらなのかもしれませんが・・・)。

その他、ニセモノ、コピー、海賊版文化についても多くのページを割いて記述されており、手軽に読める&値段の割りに、なかなか中身が詰まった本でした。

以下、著者の書いたネット記事のQQ関連です。

中国コンシューマPC市場を席巻するキラーソフト「QQ」
中華PC小話──キラーソフト『QQ』、その裏の活用法とは?




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://norizou2008.blog57.fc2.com/tb.php/38-0843855d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。