スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CMCの Markets-pro 使ってみた 

CMCの取引ツール、Markets-pro に少し触ってみました。

CFDは基本的に短期投資のツールにしかなりえなさそうなことが分かってきたので、「世界各国の株式を一つの口座で」というのは、CFD業者の単なる売り文句でしかない気がしてきましたが、それにしても、この銘柄一覧を初めて目にすると結構壮観ですね。どこから見ればいいのやら。。。

cfdmeigara1.jpg

世界各国の個別株、指数、先物、債券、コモディティなどがみてとれますが、「ロング取引のみ」という表示があり、ショートができない個別株も存在するようです。

先物の中には、「VOL Index Futures」というのがあります。これはVIX指数、いわゆる恐怖指数。こんなのも取引できてしまうようです。

cfdmeigara2.jpg

香港株はご覧の通り。当然のように英語表記で、普段見慣れた漢字表記はなく、銘柄コードもないので、ちょっととまどいますね。。

で、香港株や、指数先物、金、原油、プラチナなどのチャートを眺めていたのですが、プラチナのチャートがこれ↓

platinum.jpg

原油は基本的に24時間取引可能ですが、プラチナは毎日21時~2時位までということで、ちょうど寝る頃市場も閉まるので取り組みやすい・・?と思ってみてみたのですが、めちゃくちゃ窓を開けてますね。。他のコモディティが動いているので、取引時間が短い分、ギャップアップ、ダウンが激しいみたいです。これでは、持ち越すのは厳しそう。。

ということで、CFDはやっぱりデイトレ主体で、一般サラリーマンの兼業投資家にとっては、FXで十分なのかとも思ったり。

FXは24時間取引可能なので、ギャップも基本的にないし、流動性もあり、業者の競争のおかげでスプレッドも小さい、当然手数料は無料だしと。

CFDやるなら、会社帰ってきてからリアルタイムに取引可能なNYダウか原油あたりで、後は、バブル、暴落時の「いざというときのためのツール」なのかな・・と思ったりもしています。

まぁ、「CFD元年」という業者の言葉?に踊らされないよう、ゆっくり勉強してみます。



にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ


コメント

ブログを拝見しました。
FXに興味があるので、参考になりました。
また、訪問させて頂きます。
よろしければ、私のブログにもお越し下さい。
※ランキング投票しておきました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://norizou2008.blog57.fc2.com/tb.php/54-5f44361f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。