スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


mayuhimeブログで勉強 

mayuhimeさんのブログ、非常に勉強になります。

ブログの記事だけだと、エントリやエグジットの記録がほとんどで、ささっと読めてしまいますが、実はコメントがひじょ~に濃いことが分かり、時間をかけて、一通り読みました(量が多いので、読んだというより、途中からは目を通した・・というべきか)。下手な本よりも、よっぽど勉強になります。

膨大なコメントに対して、一人一人返事を返してアドバイスしているmayuhimeさんは、本当にすごい方ですね。もはや、FXエントリーなんて商材はなくとも勝てるであろうトレードスキルに加えて、そのノウハウをブログ上で惜しげもなく公開し、さらには先日のセミナー動画も無料で配信してくださるとか・・・。

成功している方の情報から、すこしでも自分のトレードスキル向上につなげていきたいです。

mayuhimeさんの手法は、見ているインディケータの種類など少しづつ変化しているようですが、基本的なところは大きく変わっていないと思うので、過去ブログから、エッセンスをまとめてみました。


  • 1時間足、30分足で一日のトレンドを確認し、エントリは5分足で。

  • トレンドの確認は、75MAの傾き、ボリンミドルの傾き、サポート、レジスタンスなどで判断。

  • 5分足でエントリポイント探すが、基本的には、トレンドに乗る方向で。

  • トレンドの方向とエントリの方向を常に意識し、順張りなら利を追求、逆張りなら、細かく決済。

  • 上げトレンド→ボリンの上限とミドルの間をいったりきたり、下げトレンド→ボリンミドルと下限の間をいったりきたりするので、利食いや損切りのポイントに活用する。

  • トレンドレス(レンジ)の場合は、RSIが有効。できれば、限りなく0、100に近い時。売り70以上、買い30以下でなければ積極的にはエントリーしない。

  • トレンドが発生すると、RSIは上下に張り付き、あまり意味がなくなるので、ADX重視に切り替える。

  • 長いローソク足は危険。順張り方向ならいいが、逆方向の場合は、一気に伸びて一気に戻ることも多いので、様子見か、ボリンのミドルまで戻ってくるのを待つ。


まずは、75MA、ボリン、ADX、RSI (RSIOMA) をうまく活用できるようになることからですね。

ADX は、陳 満咲杜さんのCFD本『しっかり儲ける CFDトレード入門』で取り上げられていて、最近、知った指標なのですが、結構使えそうです。

上昇トレンド:ADX上昇、DI+ > DI-
下降トレンド:ADX上昇、DI+ < DI-


しっかり儲ける CFDトレード入門
陳 満咲杜
日本実業出版社



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://norizou2008.blog57.fc2.com/tb.php/80-81294a2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。