スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『野村式「ID為替」-プロが教えるFX短期トレード超投資法』 野村雅道著 

『野村式「ID為替」-プロが教えるFX短期トレード超投資法』 野村雅道著

★★☆☆☆

セントラル短資で口座を開設したときに、この方が監修の本をもらいました。

基本的には、レバレッジ2-3倍程度で長期でスワップ運用という趣旨の本でしたが、円キャリー相場が崩壊したいま、短期トレードに趣を変えた本を出してきたようです。

ですが、中身は可もなく不可もなくというか、テクニカルの入門的な話しや税金の考え方など、一般的な話しも多く、とりたてて、この本でなくてはダメ!という特徴はありませんでした。野村監督のID野球にちなんで、「ID為替」なんて言葉を使っているのも、まったくもって意味不明です・・・

唯一、なるほどなと思ったのが、短期トレードに向いているのは、「柔軟性のある人」、「もしくは節操のない人」だというくだり。

例えば、「下がる」と思ってショートに張ったとして、予想とは反対方向に動いてしまったとき、素直にロスカットしたり、ドテンできる柔軟なアタマが必要だということです。

変に深く考えて、「こんなはずでは・・」と思って損切りできないでいると、傷口が深くなる・・。

そういう、頭がいい人(と本書では言っている)は、トレーダーではなく、エコノミストもしくはストラテジストになったほうが良いとのことです。

なるほどなと妙に納得しました。

相場に勝つには、そういう発想の切り替えというか柔軟さが重要なんですね。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://norizou2008.blog57.fc2.com/tb.php/9-5867aa48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。